Monthly Archives: 10月 2018

パリのクリスマス、ツリーにお菓子やお土産になりそうなものをちょっと紹介

年に一度のクリスマス。
クリスマスシーズンは世界中の街が最も輝く季節ではないでしょうか。クリスマスシーズンのパリは見所満載!
今回はそんなパリのクリスマス模様をご紹介していきます。

 

パリのクリスマス~ギャラリーラファイエットでツリーを見る

観光客だけでなくパリっ子たちの間でもクリスマスシーズンに外せないスポットといえばギャラリーラファイエット!
ここのクリスマスツリーは毎年話題に登ります。

 

写真は2017年のクリスマスツリーのものです。
毎年テーマが決められており、2017年のテーマは遊園地でした。

ギャラリーラファイエットの本館の館内中央にクリスマスツリーが飾られており、地上階から天井まで届きそうなほど大きなツリーは圧巻です。

クリスマスシーズンにパリに来た時はギャラリーラファイエットでのショッピングがてらにぜひこのクリスマスツリーも見て行って下さい!

 

パリのクリスマス~お菓子とケーキ

11月に入った頃からパリ市内のデパートやスーパーマーケットではクリスマスのお菓子が店頭に並びます。地元っ子のみならず、クリスマスシーズンにパリに来たからには是非味わってほしいのがクリスマスのお菓子!

 

 

このパネットーネと呼ばれるドライフルーツが入ったふわふわしたブリオッシュ生地のケーキはパリっ子たちに大人気です。発祥地はフランスではなくイタリアになりますが、日持ちがするためパリでも至る所で販売されています。

 

クリスマス前に購入して、少しずつ食べながらクリスマスを待ち望む、といった人が多いです。

 

 

続いてこちらはフランスを代表するクリスマスケーキ、ビュッシュ・ド・ノエル(ブッシュ・ド・ノエル)!

街のパン屋さんやパティスリーではこの丸太のようなケーキがクリスマスシーズンになると販売されだします。
一人用の小さいサイズのものから4・5人で分けられるほどの大きなサイズまで幅広く揃っていますよ。

 

 

有名なパティスリーブランドは、ギャラリーラファイエットのグルメ館に入っているので、観光で時間がない方はギャラリーラファイエットに行ってみて下さい!きっと気になるクリスマススイーツが見つかります。

 

パリのクリスマス~お土産にいかが?

せっかくクリスマスシーズンにパリに来たからにはお土産もクリスマスらしいものを選びたいですよね。

そこでオススメしたいのがこちらの日本未上陸のショコラティエ、Patrick Roger(パトリック・ロジェ)のチョコレートです。

 

 

彼のお店の前を通る度にまるで彫刻のような見事なオブジェのチョコレートのディスプレイについつい足を止めて見入ってしまいます。

シーズンごとにディスプレイは変わるのですがクリスマスシーズンにはチョコレートのクリスマスツリーが展示されます。

カカオの風味がしっかりと感じられる大人向けのチョコレートで、クリスマスツリーはアーモンドのダイスをチョコレートでコーティングしているため食感もいいです。

チョコレートの味の美味しさはもちろんですがパッケージもシンプル、かつシックでとってもオシャレ!

例えば上のクリスマスツリーのチョコレートの入ったボックスは蓋の部分がマグネット状になっておりパチッと開け閉めする度に蓋がしっかりと閉まります。

ボックスの内側はストライブの模様になっており、チョコレートを食べ終わった後もティーパックを入れるなどして再利用したくなるほどスタイリッシュで丈夫な作りです。

 

 

そしてパリで大人気のスーパーマーケット、モノプリでもクリスマスシーズンはサンタクロースや雪だるまといったクリスマス気分を盛り上げてくれるグッズで溢れかえります。

お土産としてオススメは食器などのカトラリー類です。食器、といってもプラスチック製のものが多く、軽いので日本への持ち帰りも苦になりません。

パリっ子たちはとにかく頻繁にホームパーティーをします。クリスマスシーズンは親しい友人たちと何度も集まります。そういったホームパーティーの需要に沿うようにスーパーマーケットでもプラスチックの食器類がバラエティ広く揃うのです。

年に一度のクリスマス。街中がイルミネーションやクリスマスグッズで溢れかえるパリのクリスマス、是非一度体験してみて下さい!