フランスのお土産でお菓子 個包装のチョコも③

By | 2015年4月11日

フランスからのお土産、お菓子バージョン紹介です。
今回は春と冬がミックスしちゃっています。

 

春なのでイースターチョコ、うさぎのチョコと卵のチョコがセットになったパッケージです。
ちょっと目がこわいかな?!
スーツケースに入れて持って帰ってきたものですが、ひびも入らずきれいな状態です。
『フランスのお土産でお菓子を選ぶ②』にはもう少し小さいサイズのミニーちゃん立体チョコの写真をアップしています。

CIMG7701

1個175g

このうさぎのチョコは、フランスチョコレート菓子の大手メーカーcemoi(セモア)という会社です。
この会社の歴史はとても古く、ルイ18世が即位したフランス復古王政の1814年に、フランスのジュール・パレが、ピレネー・オリエンタル県にチョコレート工場を設立した事から始まりました。
他にもココアパウダー、ウエハース、クッキー、砂糖菓子、フルーツゼリーなどを販売しているメーカーです。
日本でもオーガニックの板チョコやチョコでコーティングしたマシュマロが販売されていますね。

 

 

 

春になぜかクリスマスツリー缶のチョコ(笑)
チョコは色の薄いミルクチョコでホワイトチョコクリームをコーティングしてあります。
とっても甘いチョコなので贈る相手を選びます~。
今回は自宅用です。

CIMG7704

スポンサードリンク


milkaのチョコレート。日本でも輸入食品を扱うお店やスーパーで見かけますよね。
味はヘーゼルナッツ・いちご・カカオ・ミルクの4種類。
数は数えていないのですが、外パッケージに27個、138gとありますので参考にしてくださいね。

CIMG7709
CIMG7710

 

 

このサブレは4枚入りが4袋入っています。
ちょっと箱の角がへこんでいますが・・・フランスから持ち帰りたて!です。
写真のサブレはりんごですが他のフルーツもありますよ。

CIMG7724

 1箱150g

 

大人の女性向けなら赤がかわいいモンシェリーはいかが?
FERREROのチョコです。これは16個入りのチェリー酒につけたチェリーが入ったものですがチェリー以外もあって数量の大小もいくつかあります。
他には何があるの?と気になりますよね。
でも、ごめんなさい~忘れてしまいました。
また思い出すかお菓子を買った時に別記事でアップします。
チョコの味はスタンダードですよ。

CIMG7736

 

 

缶入りの飴(キャンディ)を4つ紹介。
中は個包装ではありません。飴のイメージは缶蓋にあるイラストを見てください。
向かって左から3缶は1缶あたり125g、1粒の大きさも小さいです。
一番右は175gで、他のものと比べると大きいです。

CIMG7712

 

 

全てのお菓子の数量や中身の写真をアップしていないのでどこまで伝わるか気になりますが、少しでもお土産選びのヒントになれば嬉しいです。
冗談が伝わる相手なら地域限定土産風なお土産選びもありかしら?

DSC_0747

MIKADOだけで6種類もあります!
今度買って食べてみようかな?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。