パリのクリスマスマーケットに行こう!

By | 2018年5月29日

フランスのクリスマスの楽しみと言えばクリスマスマーケットですよね!
日本で言うと夏祭りやお花見の屋台みたいなものですが、フランスではクリスマスから年末年始にかけて開催されています。

有名なクリスマスマーケットは、皆さんご存知のシャンゼリゼ通りのクリスマスマーケットですが、他にもパリ各地でクリスマスマーケットが開催されています。
今回はパリ市内にあるおすすめクリスマスマーケットをご紹介したいと思います。

 

 

シャンゼリゼ通りのクリスマスマーケット

クリスマスマーケットはパリ中にありますが、クリスマスマーケットで一番大きいのはシャンゼリゼ通りのクリスマスマーケット。規模もパリ最大で、毎年多くの人が集まります。

シャンゼリゼのクリスマスマーケットは、サンドウィッチやチュロスなどの定番屋台スナックはもちろん、世界中のグルメを取り寄せたグルメゾーンがあったり、中にはお化け屋敷的なもの(洋風なのでゾンビチックなものが多いです)や、スケートリンク、様々な工芸品を取り扱った出店、マカロンやチーズ専門店が並んだりと実に多種多様で歩いているだけでも楽しめます。

しかし残念なことに、近年シャンゼリゼのクリスマスマーケットはテロの影響などで開催されないこともありました。楽しいイベントが開催されないのはとても残念ですね。
そこで、シャンゼリゼ以外のおすすめクリスマスマーケットをご紹介します。

 

 

サンジェルマン・デ・プレのクリスマスマーケット

1つ目はSaint-Germain-des-Prés(サンジェルマン・デ・プレ)のクリスマスマーケットです。規模は小さいですが、メトロ4番線のサンジェルマン・デ・プレ駅を降りるとすぐにマーケットが立ち並んでいます。

ここはパリの歴史的で知的な雰囲気をそのままのこした地区でもあります。
かつては知識人や芸術家の集まる場所としてフランス文化をけん引してきたエリアです。全体的に派手な感じはありませんが、落ち着いてクリスマスマーケットを回りたいという人にはおすすめ。
また、この地区には歴史的なカフェやサンジェルマン・デ・プレ教会があり、休憩がてらお茶を楽しんだり教会を見学したりすることができます。楽しみが多くあるのもここのクリスマスマーケットをおすすめするポイントですね。

スポンサードリンク

 

 

ラ・デファンスのクリスマスマーケット

2つ目はパリ郊外にあるLa Défense(ラ・デファンス)のクリスマスマーケットです。このラ・デファンス自体が大きなショッピングモールで、ファッションショップやレストラン・本屋・カフェ・ブランドショップも多くあり、中には私たちの見慣れたユニクロもあります。
メトロ1番線かRERのA線のLa Défense駅内にあるのでアクセスも簡単です。
ラ・デファンスは2つの建物からなっているのですが、その建物と建物の間の広場に、冬の間クリスマスマーケットが開催されます。こちらも規模は大きくありませんがしっかり楽しめます。さらにここのクリスマスマーケットは人の出入りが落ち着いているので人混みが苦手という人にはおすすめです。

また、フランスの冬は乾燥と寒さでかなり厳しいです。そんな中人が多く混んだ場所でなかなか前に進めないというのはかなりストレスですよね。そんな時にラ・デファンスの建物内にすぐ入って温まれるのもおすすめポイント。
お買い物ついでにちょっと寄るというのもできて気軽に楽しめるクリスマスマーケットの1つです。

 

 

番外編コルマールのクリスマスマーケット

ここまでパリのクリスマスマーケットをご紹介してきましたが、アルザス地方コルマールのクリスマスマーケットも番外編でご紹介します。
コルマールはドイツに近いアルザス地方にありパリとは全く違った雰囲気の街です。ハウルの動く城のモデルになった街で有名になったことも。
パリとは全く違った魅力でまったり楽しむことができます。
ただ、出店の閉店時間がパリよりかなり早いです。夜の7時くらいにはみんな店を閉めてしまうのでご注意を。

まとめ

いかがでしたか。今回はクリスマスマーケットについてご紹介しました。どれも魅力的でおすすめのマーケットです。12月半ばから1月後半まで開催されています。クリスマスの時期にフランスを旅行される方はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。