ファンルームをフランスのマルシェで買ったよ

By | 2014年9月15日

時代は変わっても、リリアンやミサンガなど手軽に作れて身に着けられるものって女の子の間で受け継がれてきていますよね。
いま、小学生の女の子の間でレインボールーム、日本では「ファンルーム」というアメリカ生まれのバンドが流行っています。


ファンルームって何?

ファンルームは、シリコン製のバンドで、ゴムと比べた場合劣化しにくいです。
シリコン製なので髪の毛にもからみにくいので、ブレスレットや指輪、プチアクセサリーなどの他、ヘアアクセサリーもつくれます。

一番簡単なのは指編みですが、ほかにもファンルームのセットにある専用台を使ったりなかにはフォークを使って様々な作品がつくられているんですよ。
使用するバンドの色を変えてみたり、編み方や長さなどを工夫すると亀やお花などいろいろな模様やデザインができます。

youtubeで作り方の動画もたくさんあるので参考にしてみてくださいね。
呼び名はいろいろありますが、日本ではファンルーム・海外ではレインボールームが一般的です。
DSC_0721


ファンルームでブレスレット

高校の文化祭に小学生の子ども達がファンルームのブレスレットをつけて行ったら、高校生から「私たちの時はミサンガだったよね。」という返事がありました。
ミサンガは幅広い世代に知られていたものなんですね。
DSCF0487_1

スポンサードリンク

ファンルームで小物作り

写真はフランスのいとこに作ってもらったものです。
作ってもらった後、毎日バッグにつけていたので、日焼けや摩擦で疲れてしまっているのですが、記念の品です。

DSC_4710_2

他には、日本であまり2色使いのファンルームを見かけないので少ないようですが、探せば扱っているお店もありますね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。